ホーム HOME > ウェブ回覧一覧 > 震災からの備え(13)
生活にやさしい安心ライフ
行事カレンダー
リンク集
ウェブ回覧一覧
2018年11月
2018年07月
2018年04月
2018年03月
2018年01月
2017年10月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年11月
2016年09月
2016年08月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年11月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月

2012年09月26日 震災からの備え(13)

今年は町内会としましても防災に力を入れております。

釜石の奇跡:
9月1日にNHKで防災に関する特集が放映されました。3.11東日本大震災の津波から多くの小中学生が助かった「釜石の奇跡」に関するものです。釜石小学校では児童全員が  自力で巨大津波から生き延び、大人顔負けの判断力や想像力で生き延びた体験は、国内外から注目を集めております。この中で片田教授より「避難3原則」に関して詳しく説明がありました。
1.想定にとらわれるな
ハザードマップが無いと、どこにどの程度の津波や高潮、液状化現象が起こるか分かりません。その為にマップはあります。しかし、これはあくまでも想定をしたマップです。
木更津市も津波危険水位を5Mと設定しておりますが、警報が鳴った時は、想定外を考えて
行動する事が大切と思います。港南台地区は高台であり津波や液状化の心配もないと想定されております。しかし、想定にとらわれない最善の方法を常に考える事が大事と思います。
2.最善を尽くせ
防災マップなどで万が一の場合には、命を守るために最善を尽くすことを日々学んでおりますが、市、町内会などにお任せでなく、受け身にならずに自分の力で最善を尽くす。
そのときにできる最善の対応行動をとる事が大切と思います。
3.率先避難者たれ
いざというときは、まず自分が率先して避難する事。まず自分の命を守り抜くことに専心する事がひいては他人を救う事につながるという事です。

災害に強い千葉へ:
千葉県も、“災害に強い千葉へ”と題し、ちば県民だより9月号には見直しに当たっての3つ視点と8つの重点項目を柱とする計画の修正が発表されました。このページのみをコピーで配布しますので参照ください。3.11東日本大震災を踏まえて、より実効性の高い計画の見直し、最大クラスの災害を想定した防災計画、総合的な防災対策の推進などが柱です。防災力の向上には自助・共助・公助を連携して目指す事になっております。我々町内も共助の連携を益々深めたく思います。更に一歩進めて、近助もどの様な事ができるか考えて行きたく思います。
 千葉県民だより9月号抜粋  
木更津市港南台1丁目町内会公式サイト | 港南台ワンダフルライフ
Copyright (C) kounandai1.com All Rights Reserved.