ホーム HOME > 安心ライフ一覧 > 飲酒運転 絶対ダメ!
生活にやさしい安心ライフ
行事カレンダー
リンク集
安心ライフ一覧
2016年09月
2016年08月
2016年06月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年11月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月

2012年01月14日 飲酒運転 絶対ダメ!

町内は駅からも離れており、バスなども無い為、自動車を利用される方が多いと思います。年始や週末、連休などにかけて、飲酒の機会があると思いますが、絶対にしてはいけないのが飲酒運転です。県民だよりでもお知らせしましたが、飲酒運転の危険性や行政処分に関してあらためてまとめてみました。

死亡事故の危険性が高い:
近年、飲酒運転による交通事故は減少傾向にあるものの、依然として悲惨な事故は後を絶ちません。警察庁の添付資料からも、飲酒運転による死亡事故率は、飲酒なしの場合と比べ、約8.7倍。酒酔い運転に限れば、約23.2倍です。
飲酒時には、安全運転に欠かせない情報処理能力や注意力、判断力が低下します。
事故を起こす可能性が高いと言えます。

厳しい行政処分・罰則:
重大な交通事故につながる飲酒運転には、厳しい行政処分・罰則が設けられています。

≪酒酔い運転≫
5年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられます。

≪酒気帯び運転≫
3年以下の懲役または50万以下の罰金が科せられます。
車両の提供者、酒類の提供者、同乗者にも厳しい罰則が設けられています。

実判例
・2006年に福岡県で幼児3人が死亡した飲酒運転事故では、懲役20年。
・2008年に埼玉県で2人が死亡した事故では、懲役16年。同乗者も懲役2年。

飲酒運転による事故は、被害者だけでなく、自身の家族や周囲の人に多大な迷惑を及ぼすだけでなく、社会的な信用も無くなる事を肝に銘じるべきと思います。
ご家族の為にも、飲んだら運転しない!飲むなら運転しない!を徹底する事を推奨します。

詳細は添付資料を参照下さい。
(警視庁ホームページより入手)

 飲酒運転の根絶  
木更津市港南台1丁目町内会公式サイト | 港南台ワンダフルライフ
Copyright (C) kounandai1.com All Rights Reserved.